先輩社員の声

 

 

フォレストで働く先輩社員達にインタビューを受けて頂きました!

 

 

家族も養うことができ、思いっきり仕事ができる環境

【緊急フォレストケアセンター】 若木 優

 私は前職もサービス業をしていましたが、
 本当に人に感謝される仕事は何かと考えた中で答えを出したのが、介護の仕事でした。
 その当時、家族もでき一生満足してできる仕事を探しており、
 ここなら家族も養うことができ、思いっきり仕事ができると思い
 フォレストの門を叩きました。
 今は任された仕事を精力的に行っております

家族も養うことができ、思いっきり仕事ができる環境

【緊急フォレストケアセンター】 遠藤 悠太

★私の仕事内容 
身体が不自由な方・ご高齢者のお宅へ訪問させていただき、オムツ交換やトイレへのお手伝い、
就寝や気象などのお手伝いをさせて頂いています。 ご利用者様は自分より目上の方、
人生の大先輩ばかりです。言葉遣いや接し方など失礼のないように気を付けています。
★一番嬉しかったエピソード
入社から三年半経ちましたが、毎日経験させていただいています。介護が終わった後
笑顔で「ありがとう」と言っていただくとこちらも笑顔になり、とても気分が良いです。
★この会社を選んだ理由
以前保育の学校に通っており、そこで施設実習へ行きました。児童養護施設かと思っていましたが、
障がいの持った方がいらっしゃる施設でした。そこで実習を経験した後、すぐ就職しなければならなくなり、就職先を探している時にフォレストに出会いました。実習の経験もあったので、介護職を探しており、
フォレストは□取得支援制度があり無資格でも可能ということでした。
入社後ヘルパー二級の講習に行かせていただき、講習後実際の現場に入らせて頂いています。

 

不況に左右されない仕事に就きたいと考えて!

【介護タクシー事業部 運行管理者】 近藤 佳範

★私の仕事内容
 運行管理者として、乗務員の点呼を中心に、社員の体調管理や
 利用者様からのご依頼や乗務内容の管理・確認を行っています。
★一番嬉しかったエピソード
 スタートした当初は気難しいと思われていた方でも
 徐々に受け入れてくださる姿を見ると嬉しくなります。
★この会社を選んだ理由
 不況に左右されない仕事に就きたいと考えて!
 夜間の訪問介護をハローワークで見つけたのがきっかけです。夜間=稼げるイメージがありました。

介護士としてのプロ意識を持って

【緊急フォレストケアセンター】 馬木 将彰

★私の仕事内容
 訪問介護は字のごとく、ご利用者様のお宅に訪問し必要なサービスを提供する仕事です。
 訪問介護が施設などの介護と違うのは、各ご利用者様宅にてサービスを提供するというところです。
★一番嬉しかったエピソード
 毎回の訪問で、ご利用者様の変わりない様子や、お元気な様子を覗えることが嬉しいです。
久しぶりに訪問した利用者様が自分の事を覚えていてくれたことや、難しいとされるケアに
一人で行けるようになったこと、ケアの回数を重ねることでご利用者様から信用を頂ける事、
ご利用者様から感謝の言葉を頂ける事など多々あります。
★この会社を選んだ理由
 大学で人間に関する事について専攻していたので、人と密に接する職種に付きたいと思っていました。
まずは何か人の役に立つことができる職種に就きたいと考え、
当時から人員不足と言われていた介護職を希望しました。
当時私はホームヘルパーの資格を持っていなかったため、入社後に資格取得出来る企業を探していました。
フォレストでは上記で挙げた資格取得制度があったこと、企業説明会で伺ったお話を聞いて
、訪問介護はやりがいのある仕事だと感じ入社を決めました。
今現在でもフォレストを選んだことは間違っていなかったと思います。
 

介護は突き詰めると『生活そのもの』ということ

【ライフサポート事業部】 河合 大介

★私の仕事内容

 こんにちは!採用担当の河合です。会社説明会では私がお話することが多いので、
 お目にかかるかもしれませんね。その他にも、各部の進捗状況確認などの業務もあります。
★一番嬉しかったエピソード
 当社の主力は訪問介護。訪問介護では補えないようなことや趣味のことなどは
 ライフサポートサービスを展開しています。訪問介護でおじゃましているご利用者様から、
 ライフサポートサービスで代理の物品購入からセッティングまでお願いされたとき、
 ご要望をお聞きしていると「あなたに全て任せますよ」と仰っていただけた時は嬉しかったです。
 安い買い物ではありませんでしたが、信頼していただき任せてもらえました。
 介護で信頼を得る・・・簡単なことのようで意外に難しい!?いや、他の仕事と比べると
 通じ合える部分が多いので信頼を得られやすいと思います。

★この会社を選んだ理由

 福祉・介護とは、一見難しいことや自分の生活から遠いところにあるものに見えるかもしれません。
 しかし、よく考えるととっても身近なことなのです。
 おじいさんおばあさんへの介護は近いところかもしれませんし、ちょっとしたお困りごとを
 解決することも福祉です。重い荷物を持つのを助けたり、道に迷っている人を案内したり、
 足の悪い人へ通りやすい道 を用意したり、さらにはバリアフリーのお店を作ったり・・・
 つまり介護・福祉とは皆の手助けをするサービスなので、どのようなことでも仕事になりやすいのです。
 フォレストの、この広く考えた概念が好きでこの会社におります。

ご利用者様の生活に関わる仕事であり、人の役に立てる仕事。

【緊急フォレストケアセンター】 浅野 有紀 

★私の仕事内容

ご利用者様宅を訪問し、移動支援や入浴介助、食事介助やおむつ交換、トイレ介助が主な仕事です。
訪問中は、特にご利用者様との会話を大事にしています。ご利用者様の年代、職業、趣味などは様々で、
会話の内容はとても幅広いですが、まずは自分のことを開示し、信頼してもらえるよう心がけています。
もちろん話を楽しみなががらも仕事はちゃんと進めます。また、基本的な挨拶や笑顔も大切にすることで、また来てほしいと思ってもらえるといいなと思いながら働いています。
ご利用者様に会う度、話しかける度に個性や人間性がみえ、次に会える日が楽しみになっています!

★一番嬉しかったエピソード

もちろん「ありがとう」「また来てね」と言っていただけたときも嬉しいですが、他の社員づてに、
「○○さん喜んでたよ~」「○○さんが浅野さんを褒めたよ~」と聞いたときは、
やっぱりとても嬉しいです。ご利用者様は自分が頑張っている姿を見てくれているので、
感謝の言葉をかけてもらえます。介護はその人の生活に関わることで、できないことを
親身になってケアさせていただくので、その分感謝される仕事であると思います。

★この会社を選んだ理由

大学では服飾デザインを専攻していましたが、本当にその業界に興味があるのかと疑問に思っていました。そこで、就職活動中は視野を広げ、企業検索をしていました。社会貢献度が高く、
人の役に立てる点と、中学時代に老人ホームで職場体験をし楽しかった思い出から、
福祉業界も視野に入れていました。
最初は、高齢者施設の求人が多い中、フォレストの訪問介護に興味を持ちました。
訪問介護だけでなく他の事業もあり、一つのことに拘らずいろんなことに挑戦できそうであると感じ
説明会や面接を通して、先輩社員同士の仲の良さや風通しの良さに惹かれ、入社を決めました。
実際に、社員同士はとても仲が良く、悩みの相談にのってくれる先輩がいたり、
スキルアップのための練習にも付き合ってくれる先輩もいます!

自分の成長スピードに合わせながら、日々経験を積み重ねてます!

【 訪問介護事業部】 小嶌 りさ

★私の仕事内容

 入社後は、4月から会社の支援制度を利用して初任者研修に参加し、必要な知識を取得しました。
 その後、先輩社員に同行し、現場で経験を積み、少しずつ独り立ちできるようになりました。
 現在は、主に利用者様のご自宅で食事介助、移動支援、おむつ交換を行っています。
 ケアの内容により、一人で訪問したり、先輩と訪問したりと、自分のペースに合わせ、
 徐々に難易度を上げていくことができるため、未経験の私でも安心して現場研修ができました。
 引き続き、「できること」をひとつひとつ増やせられるようになればと思っています。
 今の目標は、安定して身体移乗ができるようになることです!

★一番嬉しかったエピソード

 直接ご利用者様と接する仕事なので、お客様から直接嬉しい言葉をかけていただくことがあります。
 「小嶌さんありがとう」と感謝の言葉をかけてもらえたり、「待ってたよ」「また来てね」と
 優しく言ってくださるご利用者様います。私もご利用者様に「また来ますね」とお声かけすることもあり
 自分のケアで喜んでいただけたことに、この仕事のやりがいを感じています。

★この会社を選んだ理由

  就職活動中は、福祉業界を第一志望に置き、「自宅から通える範囲×福祉」で企業検索をしていました。
 その中でもフォレストは、介護だけでなく他にはないサービスを提供している会社で、福祉に限らず、
 いろいろな仕事ができる点が面白いと興味惹かれました。説明会に参加し、
 仕事内容について学んだときにも、「福祉に限らず、やれるならやってみたい!経験してみたい」
 という思いが強くなり、面接を受けました。そして、内定をいただけたとき、
 ここでしかできない仕事がありそうだと感じ、フォレストへの入社を決めました!
 また、説明会や面接、内定後に会った社長や先輩社員の方々の親しみやすさにも惹かれました。
 入社後は、会社が研修や技術向上のサポートをしてくれると聞き、不安はなかったです。

今までにない福祉事業と訪問介護である点に惹かれました

【 訪問介護事業部】 小野 杏莉

★私の仕事内容

 1日6~7件のご利用者様宅を訪問し、1件30分ほどケアをします。
 複数のケアがある日は、自分の時間管理もとても大切です。30分はあっという間で、
 時間内に終えられないかもと感じた場合は、少し早くご利用者様宅にお邪魔させていただき、
 ケアを行っています。ご利用者様宅にお邪魔したときは、必要なことはちゃんと聞きますが、
 あまりプライベートに関して込み入った話をしないように、
 また、不用意にご利用者様の自宅を触ったり汚さないようにも注意しています。
 メインは訪問介護ですが、ケア以外の時間は、伝票整理や事務処理、事務所の清掃を行っています。

★一番嬉しかったエピソード

 慣れていないご利用者様宅に行くときは緊張し、慣れるまでは体力的に大変な時もありました。
 しかし、ご利用者様から「次もよろしくね」「前より上達したね」と声をかけて頂いたときは、
 この仕事のやりがいを感じます。今後の目標は、技術的なスキルを磨き、
 より落ち着いて仕事ができるような余裕が出て、広い視野が持てることです。
 そうすることで、よりよいサービス提供ができ、付加価値を付けたサービス提供ができると思います!

★この会社を選んだ理由

  就職活動中は、最初医療事務系の企業を探していました。
 そこで、関連検索でフォレストを見つけ、結婚式など、ちょっとしたイベント行事の付き添いなど、
 介護だけでなく、福祉を事業にしている点に興味を持ちました。
 今までは介護=施設で高齢者介護をイメージしていましたが、とても新鮮に思い、
 説明会を予約しました。説明会から社長とお話しができ、堅苦しくないアットホームな社風を
 感じることができました。フォレストは訪問介護を行っているため、終日ケアではなく、
 ケアの予約に応じてご利用者様宅を訪問し、少しずつ仕事に慣れていくことができそうだと感じ、
 入社を決めました。